ホジュン~伝説の医師~感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

韓国ドラマ『ホジュン~伝説の医師~』の感想は面白いのかつまらないのか、視聴率・口コミ評判による評価をご紹介していきます!

『ホジュン~伝説の医師~』は、朝鮮時代の実在した

名医のドラマチックな生涯を描いたヒューマンドラマです。
1999年に放送され最高視聴率63.7%という時代劇として

過去最高視聴率を叩き出した『ホジュン~宮廷医官への道~』のリメイク版として

2013年に放送されました。

 

脚本家も1999年のドラマと同じくチェ・ワンギュが、演出家もADとして携わっていた方で

『ホジュン~宮廷医官への道~』との大きな違いはないようですが、

主人公の生い立ちをより詳しく描いています。

それでは、韓国ドラマ『ホジュン~伝説の医師~』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

こちらの記事もチェック!!

ホジュン~伝説の心医~キャスト・相関図は?登場人物を画像付きで紹介!

ホジュン~伝説の心医~41話あらすじと動画を字幕で無料視聴するには?

ホジュン~伝説の心医~45話のあらすじと動画を日本語字幕で無料視聴するには?

韓国ドラマ『ホジュン~伝説の医師~』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

 

 

 

 

東洋医学について丁寧に描写されているので、

とてもためになったという声が多くありました。

キャストの感想

 

 

 

2017年に交通事故で亡くなられたキム・ジュヒョクが

主演をつとめ、不運な生い立ちで、全てを諦めそうな

逆境でも立ち向かう姿に心打たれます。

 

また、彼の脇を固めたパク・ジニやナムグン・ミン、

キム・ミスクなど演技派が名を連ね

個性的なキャラと、演技力の高さが好評だったようです。

 

 

 

視聴率の感想

 

視聴率の口コミはなかったのですが、

テレビ東京の「韓流プレミア」枠の初回視聴率が3.0パーセントを記録し

歴代最高初回視聴率を獲得したようです!

『ホジュン~伝説の医師~』の視聴率は?

 

  • 最高視聴率:11.8%
  • 平均視聴率:8.7%
  • (ニールセンコリア)

視聴率は、あまり高くありませんでしたが

視聴率不毛の地と言われていた月~金9時の時間帯の

視聴率としては、まずまずの結果だったようですね。

面白い感想

 

 

 

 

現在の医療ドラマとはまた違った面白さがあるようです!

また、心医として自分よりも他人を気にかけ、人々からも信頼を得ていく

ホ・ジュンを次から次へと妨害しようと

様々な試練が襲っていきます。

ホ・ジュンが仲間たちに支えられながらどう

乗り越えていくのかも見どころのひとつです。

面白くない感想

 

135話と長編なので、最後まで見るのには

根気がいるのかもしれません。

 

最終回の感想

 

最終回は、微妙だったという口コミもありましたが

感動的なラストだったという声が多いようです。

 

韓国ドラマ『ホジュン~伝説の医師~』感想・評価まとめ

 

韓国ドラマ『ホジュン~伝説の医師~』の視聴率や視聴者の面白い、

面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

不運な境遇から歴史に名を残す名医までに成長していく

ホ・ジュンの姿がドラマチックに描かれています。

 

口コミにもあったように東洋医学についても学べますが

難しい状況に置いても、諦めず立ち向かい

どこまでも他人のために動く彼の姿に励まされ、

考えさせられることも多い作品です。

 

135話という超大作と聞くと見るのを躊躇してしまいそうですが

1話の長さが30分と短いのでサクサクと見進めることができ、ストーリー自体も

スピード感のある展開が続くのであっという間だと思います!

まだ視聴されていない方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

韓国ドラマを見放題で尚且つ無料で楽しみた続けたい方はコチラをおすすめします♪

無料動画はこちらから

嬉しい特典がいっぱいですのでまずは試してみることをおすすめします。

あなたも毎日美男美女に癒されて下さいね♪

スポンサーリンク
本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください