ブラック最終回のあらすじネタバレ!

この記事では、韓国ドラマ『ブラック』最終回のあらすじネタバレ!をご紹介していきます!

このドラマは、人の死期がわかる能力を持つヒロイン、カン・ハラムと

死んだ人間に憑依した死神ブラックのミステリーラブロマンスです。

冷酷な死神でありながら、憑依したムガンの記憶や感情を断片的に持つブラック。

そんなブラックに、ハラムは初恋の人の面影を重ね、2人の切ない恋物語が始まります。

 

韓国ドラマ『ブラック』最終回のあらすじネタバレを知りたい方はお見逃しなく!

韓国ドラマ『ブラック』最終回のあらすじ

 

残酷な真実

記憶を取り戻したブラックは、自分の正体がジュンであることを知る。

しかし、ジュンの命を奪ったきっかけは幼いハラムによるものだった。

このことにも気付いたブラックは、戸惑い絶望する。

さらに、亡くなったジュンの心臓は、

ムガンの母によってムガンに移植されていた

それぞれの決意

この真実に偶然ではない運命を感じたブラックは、

ムガンとして生きていくことを決意する。

一方、ハラムは人の死期が見えてしまうという能力と、

それによって引き起こされる心労に耐えきれなくなっていた。

そしてとうとう、能力を断ち切るために目を傷つけ失明させようとしてしまう。

すんでのところでハラムのもとへやってきたブラックの説得で、

ハラムは失明を逃れた。

黒幕の裁き

ブラックの説得により、ジュンの母親とアメリカに向かうことにしたスワンは、

キム議員の過去の罪の証拠を発見する。

しかし、ブラックや刑事たちの協力も虚しく、

キム議員は釈放されてしまう。

重要な証拠を持っていたために命を狙われたハラムを、ブラックが助ける。

しかし、人の命に関わることは、死神の掟違反であった。

そのことを理解しながらも、

無我夢中でハラムを救ったブラックは消滅してしまう。

幸せな結末

ブラックによって命を救われたハラムは、

ブラックに会うために人生を必死に生き始めた。

死後、ハラムはブラックと再会し幸せな時間を過ごす。


 


韓国ドラマ『ブラック』最終回の口コミ

 

 

最終話では、それまでの伏線が一気に回収される展開があり、目が離せないという口コミが多いです!

意外な展開も待ち受けているため、ハラハラしながら見ることができます。

 

韓国ドラマ『ブラック』最終回のあらすじまとめ

今回は、韓国ドラマ『ブラック』最終回のあらすじネタバレ!を紹介しました。

 

インタビューによると、ソン・スンホンは一人二役の主演を務めるに当たってさまざまな工夫を凝らしたようです。

特に、人間界を知らない死神が急に刑事になったら、ということを想定したシーンは、
コミカル要素も盛り込まれています。

ソン・スンホンの演じ分けに注目して見てみると、より面白く感じるかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です