チョコレート忘れかけてた幸せの味ロケ地は?チャヨンとガンのベンチの場所は?

この記事では、チョコレート忘れかけてた幸せの味ロケ地は?チャヨンとガンのベンチシーンの場所についてご紹介していきます。

『チョコレート忘れかけてた幸せの味』は、幼い頃に運命の出会いを果たした医師とシェフが同じホスピス病棟で働くことになり、料理を通じてお互いの傷を癒していくヒューマンドラマです。

 

人気ドラマ『サンドゥ、学校へ行こう』『ごめん、愛してる』でタッグを組んでいたイ・ヒョンミン監督と脚本家のイ・ギョンヒが再タッグを組んだということで、放送前から話題になっていた作品です。

 

豪華な製作陣に加えて、主演にはハ・ジウォンとユン・ゲサンという実力派キャストが揃いました!

 

ゆったりと進んでいくストーリーと美味しそうな料理の数々に心が癒され温まります。

 

ドラマの人気が高まると共に、ロケ地として使われた美しい場所への訪問者が増えて人気急上昇しているようです!

 

今回は、ドラマ『チョコレート』の12話に登場するチャヨンとガンのベンチシーンを撮影したロケ地について紹介していきます!

チョコレート忘れかけてた幸せの味ロケ地は?

「チョコレート忘れかけてた幸せの味」の12話で、夕暮れに照らされた海岸にある白いベンチに座るチャヨンがガンの肩に寄りかかって眠るシーン。

 

まさにドラマの名場面共言われる美しいシーンを撮影した場所は、「九階燈」と言う場所です。

 

国立公園公団が選定した年越し日の出の名所10選にも選ばれれいるほど、夕日を鑑賞するスポットとして人気があります。

 

この投稿をInstagramで見る


여진🌷(@yjiiiiiiin)がシェアした投稿

時間帯が合えば、インスタ映えの写真をとることができそうですね!

 

九階燈の場所

まずは、Google map で大まかな位置を確認しましょう。

場所は、ソウルではなく莞島(ワンド)と言う韓国の南西部にある小さな島にあります。

 

住所は、「131 Jeongdo-ri, Wando-eup, Wando-gun, Jeollanam-do(全羅南道莞島郡莞島邑正道里131)」となっています。

 

最後に気になるアクセス方法ですが、電車がないため車での移動になります。

 

九階燈海岸は、莞島郡庁から車で5分ほどのところに位置しており、莞島大橋のところですぐに右折して国道77号線を使うと、およそ15分で到着します。

チョコレート忘れかけてた幸せの味ロケ地はどこ?まとめ

今回は、チョコレート忘れかけてた幸せの味のロケ地についてご紹介してきました。

 

現在のところ、ロケ地めぐりのツアーなどはないため、タクシーやレンタカーなどを使った自力での訪問になりますが、もし莞島を訪れる機会があればぜひ『チョコレート』の美しいシーンを誕生させた場所を訪れてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です