ファンジニ最終話のあらすじネタバレ!

この記事では、韓国ドラマ『ファン・ジニ』最終話のあらすじネタバレをご紹介していきます!

 

このドラマは2006年に韓国KBSで放送され、平均視聴率21%、最高視聴率29.3%を記録した大ヒット時代劇です。

 

実在する芸者を題材に、舞と恋に一生を捧げた美しき伝説の名妓の波瀾万丈な人生を描いています。

 

韓国ドラマ『ファン・ジニ』最終話のあらすじネタバレを知りたい方はお見逃しなく!

こちらの記事もチェック!!

韓国ドラマ『ファン・ジニ 』最終話のあらすじ

 

ミョンウォルの試練

 

化粧もせず粗末な服を着て、夜の市場で舞うミョンウォルを、人々は誰も気にもとめなかった。

 

唖然としたミョンウォルだが、そんなミョンウォルに「さすがは名妓といわれるだけある」と

 

感心したファダムだった。そんなファダムのもとへ舞のこころを教えてくれたお礼にと

 

「娼妓の仕事」で恩返ししようとやってくるミョンウォルだが、ファダムにあっさりと断られてしまう。

 

観客のチップだけで生活しようと決めたミョンウォルだが、

 

一銭も入らない日々が続き、心身ともにボロボロになってしまう。

 

そんなミョンウォルを迎え入れ、優しくそして厳しく諭したファダム。

 

ミョンウォルは、自分の間違いに気づき芸を認めてもらうために人々の暮らしを学ぶことにするのだった。

競演

 

そして競演の日、ミョンウォルが現れないまま、プヨンが舞を披露する。

 

プヨンの素晴らしい舞に、女楽ヘンスはプヨンにと皆が思っていたところに

 

ミョンウォルが遅れてやってくる。

 

地味でみすぼらしい格好のまま踊るというミョンウォルに、大ブーイングが起こるなか

 

舞譜も音楽もないまま踊り始めるミョンウォル。

 

舞がはじまると楽しげに踊るミョンウォルの舞に皆が引き込まれたが

 

結局、プヨンが女楽に選ばれる事になった。

 

別れ

 

その頃、ヒョングムがいよいよ危篤状態に。

 

知らせを受けて駆けつけたミョンウォルが到着すると

 

安心したかのように息を引き取ったヒョングム。

 

ヒョングムを密かに愛していたオムスは、カヤグムの弦を切り、静かに教坊から旅立っていった。

 

ミョンウォルは、他に泣くところがないといいファダムのそばで泣くのだった。

 

そして月日は流れ…。


 

ファンジニ最終話のあらすじネタバレまとめ

 

今回は、韓国ドラマ『ファン・ジニ』の10話あらすじを紹介しました。

ミョンウォルが、最高の舞とはなにかに気づき

衣装は地味でも晴れ晴れとした表情で踊るシーンは印象的でした。

また、ミョンウォルとプヨンの競演シーンもとても美しく見ごたえがありましたね。

 

最後まで、美しい映像と音楽、衣装と個性豊かなキャラクターたち、

予想外な展開が続く脚本と、全てにおいて満足できる作品だったと思います!

 

まだ視聴されてない方は、ぜひ『ファン・ジニ』の美しい世界感に浸ってみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です