ヘチ王座への道1話のあらすじネタバレ!神獣ヘチとは?

この記事では、韓国ドラマ『ヘチ王座への道』1話のあらすじネタバレと神獣ヘチについてご紹介していきます。

 

『ヘチ王座への道』は、朝鮮王朝第21代王、英祖(ヨンジョ)が

仲間の協力を得て、不正のない平等な世を目指し王になるまでを

描いた時代劇です。

 

日本でもファンミーティングを行うなど人気の高い

チョン・イルの除隊後初の作品として話題を呼び

最高視聴率9%を記録しています。

 

第19代王、粛宗(スクチョン)の次男として生まれたイ・グムは

王の子でありながら、母親の身分が低かったため幼い頃から

軽視され、政治とは無縁で生きてきました。

しかし、民のために公正な世の中を作りたいと願った

イ・グムは、仲間の協力を得て、改革を目指していく

サクセスストーリーです。

 

 
韓国ドラマ『ヘチ王座への道』1話のあらすじネタバレと神獣ヘチについてご紹介していきますので、お見逃しなく。

韓国ドラマ『ヘチ王座への道』1話のあらすじ

夜茶時

 

ときは18世紀の朝鮮王朝時代…。

 

第19代王粛宗の後継者である世子景宗は体が弱く

 

跡継ぎもできないのではないかと噂されていた。

 

王宮内では噂が広まり、世子の交代について二人の候補に絞られ

 

ミルプン君を立てる老論とヨルリョン君を立てる少論の

 

どちらにつくべきかと重臣たちは頭を抱えていた。

 

そんななか、司憲府では緊急の夜茶時が実行される。

 

ハン・ジョンソクが領事政の不正を暴くために実行したのだが

 

この大事なときに老論派の長である高級官僚チャンジュンを

 

ターゲットにしたことで房主監察官から叱責をうける。

 

これだけの大物をターゲットにするだけの

 

状況証拠があったため、ジョンソクは自信満々だった。

 

しかし、ジョンソクの訴えは聞かれず成均館で行われる

 

大科拳の科場の見回りを命じられてしまう。

替え玉

 

成均館の科拳の試験の替え玉として参加したイ・グム。

 

隣に座っていたパク・ムンスに解答用紙に書かれた年齢が

 

50歳となっていることに気付かれ、替え玉だと騒ぎ立てられてしまう。

 

ムンスを押しのけ逃走するグムだが、

 

この試験に人生をかけているのだと怒ったムンスと監察官たちに

 

追いかけ回される。

 

再会

追い詰められたグムだったが、ヨルリョン君が通りかかったことで

 

無事に逃げ切ることができた。

 

久しぶりに兄グムに再会したヨルリョン君は兄上と呼び、喜んだ。

 

ヨルリョン君に連れられて、王宮に戻ったグム。

 

嬉しそうなヨルリョン君だったが、誰一人として

 

グムを歓迎していなかった。

 

剣武で失敗してしまった部下の息の根を止めようとしていた

 

ミルプン君を見かけたグムは、止めに入る。

 

見なかったことにしてほしいと言うミルプン君に

 

宮廷のことには関心がないと答えるグム。

 

関心ではなくその資格がないんだろう?母親の身分が低く

 

賤しい血が流れている、なぜヨルリョン君につくのか?と言うミルプン君。

 

そして、王の座は父と自分の物だったはずだとグムに怒りをぶつける。

 

この前、領相が夜茶時にあったのはお前のせいだろう?とグムに言われて

 

さらに怒ったミルプン君はグムに剣をかざすが、そこへ知らせが届き粛宗の元へと向かう。

 

ミルプン君

 

昭顕世子の妻・姜嬪の名誉を回復させるという命令が下され

 

さらにミルプン君の地位と格も高まり、世子の有力候補となった。

 

グムは偶然、妓生房で潜入捜査中のヨジと遭遇する。

 

自分を見ているグムに気づいたヨジは、無愛想な態度を取る。

 

グムは、ミルプン君が殺した人数を記録した「計屍録」の

 

存在を知り、ミルプン君が主催する狩猟大会に参加する。

 

すると同じ目的で潜入していたヨジとまたも遭遇し驚くヨジ。

 

グムの腹を蹴り上げ逃げたヨジは、ミルプン君に見つかってしまう。

 

絶体絶命に陥ったヨジだが、彼女の男装を見破ったグムに助けられる。

 

韓国ドラマ『ヘチ王座への道』1話の口コミ

 

神獣ヘチとは?

ここでは、今作の題名にもなっている神獣ヘチとはなんなのかについて紹介していきます。

「ヘチ(獬豸)」とは、不正を見抜き善悪を見極めて、正義を守るという

中国の伝説上の縁起のいい神獣のことです。

外見は獅子のような姿の一角獣で、日本の狛犬の起源とも言われています。

 

朝鮮時代に存在した現在の検察機関のような

役人たちを監察して法を執行する司憲府を守る象徴でした。

そのため法と正義を守る司憲府の役人は通称「ヘチ」と呼ばれていたのです。

このドラマでは、この司憲府を舞台にストーリーが展開されていきます。

 

グムと仲間たちが協力しあいながら

不正のない平等な世を目指し

司憲府をどう改革していくのか楽しみですね!

 

まとめ

 

今回は、韓国ドラマ『ヘチ王座への道』のあらすじネタバレと神獣ヘチについて紹介しました。

 

チョン・イルの官服姿はかっこよかったですが

初回からなかなか雰囲気が不穏で怖いですね。

グムに対するみんなの冷たさもひどいものです。

 

仲間もおらず一人放浪していたグムが

ムンスやヨジと出会ったことでこれから

どう変わっていくのか期待できますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です