刑務所のルールブック感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

韓国ドラマ『刑務所のルールブック』の感想は面白いのかつまらないのか、視聴率・口コミ評判による評価をご紹介していきます!

『刑務所のルールブック』は、プロ野球のスター選手が

犯罪者になってしまい華やかな生活から刑務所で

暮らすことになり、刑務所仲間たちと一緒に適応していく

姿を描いたブラッグコメディです。

 

暗く怖い話を想像してしまいますが

刑務所にいるのは個性豊かな犯罪者たちで

劣悪な環境をどう快適に過ごしていくか

困難を乗り越えていく姿がコミカルで

ユーモアのあるストーリーになっています。

 

国民的人気野球選手役を「青い海の伝説」のパク・ヘスが

彼の高校時代の親友の刑務官をチョン・ギョンホが演じるなど

実力のあるキャスト陣が集結しています。

 

それでは、韓国ドラマ『刑務所のルールブック』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

韓国ドラマ『刑務所のルールブック』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

韓ドラ定番の、復讐劇、愛と憎しみ、が存分に練れこまれたヒューマンドラマです

個性豊かな囚人や刑務官さんの繰り広げるドラマが、泣きや笑いを誘うでしょう

刑務所内のドラマということで、

暗い雰囲気で暴力的なドラマではないかという口コミが多かったですが、

全くそうではありません。

涙あり笑いあり、そしてラブありの温かい

気持ちになれるドラマに仕上がっていると思います。

時折、ここは刑務所なのかっと疑うような緩い場面もありますが、そのあたりは

ドラマということで目を瞑ります

ただのヒューマンドラマだけでなく、ラブもしっかりと入っています。コアなところでは

ジュノと主人公の妹のちょっと控えめなロマンスがあるのですが、

そこが切なくて好きですね。

ドラマ『応答せよ』シリーズのスタッフが作ったドラマだけあった

雰囲気が少し似ていますよ!

 

 

キャラクターたちの見せ方や

伏線を上手に回収していく完成度の高い脚本について

絶賛する口コミが多く見られました。

キャストの感想

見たことあるけど名前が、、、という俳優さんが多かったような気がします

でも皆さん本当に演技がうまく、自然とドラマの中に入っていってしまいます

もちろん、チョンギョンさんヘインさんは、最高にかっこいいので見て損はありません。

登場人物の背景もしっかりと描かれており飽きない内容に仕上がっています

自分が弱いことが分かっているのに、他人にケンカを売るハニャンさんの演技が面白いですね

スマートなエリート教官役ジュノ役がとってもかっこいいですよ

 

 

パク・ヘスやチョン・ギョンホをはじめ

チェ・ムソン、パク・ホサン、チョン・ウンインなどの

人気実力派俳優陣が集結しており、演技力の高さが評価されています。

 

他にも人気アイドルグループWINNERのカン・スンユンや

日本でも人気が高まっているチョン・ヘインも

収監者として登場しており、女性視聴者のハートを掴んでいるようですね。

 

 

お得な視聴方法のご紹介です!

刑務所のルールブックの動画を1話から最終話まで日本語字幕付きでタダで見る方法をご紹介!

視聴率の感想

 

 

『刑務所のルールブック』の視聴率は?

 

  • 第1話:4.64%
  • 第2話:5.38%
  • 第3話:4.70%
  • 第4話:5.47%
  • 第5話:5.61%
  • 第6話:5.85%
  • 第7話:6.39%
  • 第8話:6.77%
  • 第9話:7.31%
  • 第10話:7.91%
  • 第11話:9.10%
  • 第12話:9.39%
  • 第13話:10.14%
  • 第14話:10.62%
  • 第15話:10.48%
  • 第16話:11.20%
  • (ニールセンコリア)

初回からどんどん視聴率がアップしていき

最終回で最高視聴率11.20%を記録して

ケーブル放送歴代6位を記録しています。

 

ケーブル放送で二桁を記録するというのは

かなりすごいことなので、しっかりと作品の良さが

視聴率に反映されている結果になりましたね。

面白い感想

 

 

 

 

幼いころから外見でいじめをうけたヒロインが

刑務所に収監されている男たちの人情溢れるストーリーあり

笑いあり、ほどよくロマンスもあったりと

それぞれの要素のバランスがいい脚本の素晴らしさについての口コミが多く見られました。

 

面白くない感想

 

面白くないという口コミはゼロでした。

最終回の感想

最終回は、涙の回になっており

犯罪者たちの話なので、皆が皆更生して

ハッピーエンドになれるわけではない

リアルな終わり方でもあるようです。

 

韓国ドラマ『刑務所のルールブック』感想・評価まとめ

 

韓国ドラマ『刑務所のルールブック』の視聴率や視聴者の面白い、

面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

『刑務所のルールブック』は、

捨てキャラがいないと言われるほど

犯罪者であっても、ひとりひとりに感情移入できるよう

彼らがなぜ逮捕されたのかの背景などが

しっかりと描かれていて切なくなるシーンも多々ある

ヒューマンドラマになっています。

 

刑務所生活を描いているのに声を出して笑えたり、ほっこりとしたり

苦しくて切ないだけじゃ終わらないドラマで

題名やブラッグコメディと聞いただけで

見ないのは勿体ない作品ですよ!

 

まだ視聴されていない方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です