恋するダルスン感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

韓国ドラマ『恋するダルスン』(原題:花を咲かせダルスン)の感想は面白いのかつまらないのか、視聴率・口コミ評判による評価をご紹介していきます!

 

『恋するダルスン』は、靴作りに人生をかけて頑張るヒロインのロマンスと成長を描いたサクセスストーリーです。

 

「千秋太后(チョンチュテフ)」「明成皇后」などの本格時代劇を多数手がけてきた演出家シン・チャンソクと「私の心は花の雨」の脚本家ムン・ヨンフンがタッグを組んだ今作は、靴メーカーを舞台にした感動のヒューマンドラマになっています!

 

加えて「鳴かない鳥」のホン・アルム、「トッケビ~君がくれた愛しい日~」のユン・ダヨン、「アイアンマン~君を抱きしめたい」のカン・ダビン、イケメン俳優グループ“One O One”のソン・ウォンソクと演技力抜群のフレッシュな若手キャストが共演しています。

 

入れ替わった運命、三角関係に復讐、記憶喪失などドロドロの韓ドラ要素がたっぷりと詰まったイルイルドラマで、最高視聴率15.5%を記録したヒット作品です!

 

それでは、韓国ドラマ『恋するダルスン』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

韓国ドラマ『恋するダルスン』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

ソンイン製靴の一人娘ウンソルには、本人も知らない出生の秘密がありました。

 

ソンイン製靴の社長テソンは実の父親ではなく、母ヨンファと当時恋人だったジェハとの間にできた子供だったのです。

 

恋人が身ごもったことを知る前にジェハは非業の死を遂げるのですが、ジェハの死にテソンが関係していたのでした・・・。

 

それから9年後、ウンソルがテソンの過去に犯した悪事を偶然知ってしまい、テソンから逃げる途中で、川に落ち流されてしまいます。

 

その後、おばあさんに助けられ一命を取り留めますが、ショックで記憶喪失になってしまい・・・。

 

ストーリーのはじめからヒロインの母親の恋人が非業の死を遂げ、それに現在の夫が関係しているなど、ドロドロになるの気配がぷんぷんしますが、話が進んでいくにつれてどんどん拗れていくようです。

 

現代の韓国ではなく、1950〜1960年代の韓国を舞台にしているので、衣装や街並みなどに注目するのも良いかもしれませんね!

キャストの感想

ヒロイン・ダルスンを演じたホン・アルムの田舎者チックなキュートな演技が高評価をえているようです。

 

しかし、イルイルドラマでは主演よりも目を引いてしまうのが、悪女ではないでしょうか。

 

人気ドラマ「トッケビ」に死神役として出演していたユン・ダヨンがソンイン製靴の養女ホンジェが、ダルスンのライバルとして悪女っぷりを発揮しています!

 

口コミにもホンジェの演技が怖いと言う声が多く上がっており、ドロドロ劇を大いに盛り上げてくれています!

 


視聴率の感想

視聴率に関する口コミはありませんでした。

『恋するダルスン』の視聴率は?

 

  • 平均視聴率:8.1%
  • 最低視聴率第32話:5.5%
  • 最高視聴率:15.5%
  • (ニールセンコリア)

 

最高視聴率15.5%と高視聴率を記録しています。

最終回では11.6%と最高視聴率よりは低い数字ですが、平均視聴率よりも高いですから有終の美と言えるのではないでしょうか。

面白い感想

 

 

 

韓ドラ特有のドロドロとした復讐劇が好きな方にはたまらなく面白い作品と言えるでしょう。

どんでん返しの展開もあり、視聴2周目に入ったと言う方もいるようです!

面白くない感想

やはり、韓ドラのドロドロ劇に免疫がない方には長編ドラマですし、厳しいかもしれませんね。

最終回の感想

最終回の結末に満足したと言う口コミが多いですね!

最後まで関係が拗れに拗れてドロドロでしたが、最終回ではきれいに丸く収まり、感動のラストだったと言う声やDVDが欲しいと言う声もありました。

韓国ドラマ『恋するダルスン』感想・評価まとめ

 

韓国ドラマ『恋するダルスン』の視聴率や視聴者の面白い、

面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

ストーリーとしては、復讐劇や記憶喪失、三角関係に入れ替わった運命など韓ドラ王道の要素がたっぷりで、見応えのあるドロドロ劇が展開されていきます。

 

爽やかさはゼロでヤキモキすることも多々ありますが、華やかでお洒落な靴の数々を見ることができ、少し昔の時代ではありますが、ファッションが好きな方も楽しめると思います。

 

まだ視聴されていない方はぜひ、チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です