恍惚な隣人126話のあらすじネタバレ!

この記事では、韓国ドラマ『恍惚な隣人』126話のあらすじネタバレ!をご紹介していきます!

 

『恍惚な隣人』は、二組の夫婦間のW不倫を題材とした愛憎復讐劇です。
憎しみ合いから始まったゆがんだ愛は、やがて真実の形へとたどり着きます。

 

日本でも活躍した演技派女優ユン・ソナと、
甘いマスクで数多くの女性ファンを魅了するソ・ドヨンが主演を務めます。

2人の関係は、不倫されたパートナー同士。
互いのパートナーに復讐するために接近した2人の関係は、やがて変化していきます。

 

韓国ドラマ『恍惚な隣人』126話のあらすじネタバレ!を知りたい方はお見逃しなく!

韓国ドラマ『恍惚な隣人』126話のあらすじ

 

ボングクの変化

チャヌからのプロポーズを受けたスレ。

しかし、ダメ夫といえども長年寄り添ったボングクに対する

想いがぬぐえないスレは、チャヌの告白を断った。

ボングク自身にも変化が起きており、スレの病気を知ってからというもの

ボングクは必死になって彼女を救おうとしていた。

ドナーが必要なスレのために、ボングクは適合するドナーを探し始める。

希望と絶望

ボングクは手始めに、スレと血が近い彼女の弟スゴに目を付けた。

健康診断と称して、スゴに適合検査を受けさせたが結果は思わしくない。

「ドナーさえいれば助かる病気」は、

「ドナーが見つからなければ治らない病気」と同じ意味を持っていた。

適合するドナーがなかなか見つからない日々に、

スレは希望を失いつつあった。

チャヌの感じた違和感

一方チャヌは、スレの病気を認知していなかった。

スレとの関係は憎しみから始まった偽りの愛だったが、

いつの間にか本物の愛へと変わっていたと確信していたチャヌ。

にもかかわらず、病気を隠すためにプロポーズを断ったスレに対し

チャヌはやはり違和感を感じていた。

チャヌはウンシルに会い、スレの心の変化をたずねてみようと考えた。



韓国ドラマ『恍惚な隣人』126話を視聴した人の感想

非常に長い作品なので、126話のピンポイントの口コミを書いている人は見当たりませんでした。

しかし126話は、最終回にむけてのラストスパートに入っているストーリーなので展開は早く、さらに最後までハラハラドキドキが止まりません!

最終話まで見た人の、ネタバレなしの口コミを集めました。

 

 

 

 

最終話は涙なしには見れない!という口コミ多数です。

また、長編大作だけあって、最終話まで見終わったときに
ある種の達成感を抱く方もいるようですね!

 

韓国ドラマ『恍惚な隣人』126話のあらすじネタバレ!まとめ

今回は、韓国ドラマ『恍惚な隣人』126話のあらすじネタバレ!を紹介しました。

 

前半のドロドロの不倫関係がひと段落し、
物語は新たにスレの大病という展開を迎えます。

 

偽りと疑いだらけだった登場人物たちの関係が、
徐々に良い方向に向かっているのが伝わってきて、最終話が感動的になる予感がしますね。

 

あの超がつくダメダメ夫のボングクがあそこまで改心するのには驚きました!
どのキャラクターも憎めない立ち位置になってきて、
ハッピーエンドを切に願ってしまいます……。

 

物語は折り返しをすぎ、もうすぐ最終回!
最後までどんでんがえしのストーリーが楽しめそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です