ワンダフルラブ韓ドラ最終回あらすじネタバレ!

この記事では、韓国ドラマ『ワンダフルラブ』最終回のあらすじネタバレについてご紹介していきます!

 

このドラマは2013年に韓国で放送されたもので、仕事に就かず遊び放題のセレブ3姉弟が

突然一文無しになり、社会に揉まれながらも成長していくハートフルファミリードラマです。

 

あまり、知られていませんが人気俳優パク・ボゴムの

連ドラ初挑戦作なので、ファン必見のドラマですよ~!

韓国ドラマ『ワンダフルラブ』最終回のあらすじや動画を日本語字幕で無料視聴する方法を知りたい方はお見逃しなく!

韓国ドラマ『ワンダフルラブ』最終回のあらすじネタバレ

 

感動の結婚式

 

ボッキのためにサプライズで結婚式を準備した子どもたち。

 

3姉弟が順番に、泣きながら夫になるボンソへの挨拶を送った。

 

その頃、主治医のユンジェにボッキが結婚式を挙げていると聞いた

 

ウノクは、自分だけ幸せになるのかと憤っていた。

 

そこへやってきたジャンホは、数日頭痛が続き仕事ができる状態ではないと

 

早退したいと頼むが、ウノクは二日酔いだろうと聞き流してしまう。

天罰

 

ボッキにマンションを正式に譲ってもらったヨンスとダジョン。

 

お金の心配をするダジョンに、弟のヨンジュンの分まで養えるよう頑張ると

 

意欲をだし、逞しくなったヨンス。

 

一方、ウノクはベッドの上で泡を吹き意識がないジャンホを見つける。

 

ボッキを憎み苦しめてきた天罰が下ったのかと恐れおののくウノク。

 

知らせを聞き病院に駆けつけたボムソとボッキだが、ウノクにひどく当たられる。

 

息子にもしものことがあったら許さないとボッキを憎むウノクに

 

天罰が下ったのは私だと自分が病気であることを明かすボッキ。

 

ボッキの旅立ち

 

ボッキは、財産管理をボムソとギナムたちに頼み

 

相続は、3姉弟とミンスでわけることになった。

 

アメリカへと旅立つ母のため料理を振る舞おうとするヨンチェだったが

 

味見をしたフンナムに今後は料理をするなと止められてしまう。

 

子どもたちは、母親にシアトルと韓国の時差がひと目で分かる時計を

 

プレゼントし、最後に皆で記念撮影をした。

 

その後、ボッキは家族に内緒で特別老人施設へと入居するのだった。

 

ボッキの行方

 

そして二年の月日が経ち、兄弟アパレルはフランチャイズ展開をし大繁盛していた。

 

ヨンチェは、双子を身ごもった。

スポンサーリンク

 

ジャンホから、ボンソがアメリカから帰ってきたこと聞き、

 

渡米後何の便りもない母を気にかけたヨンスは、ヨンチェに連絡をとる。

 

3兄弟とフンナムで、ボンソに会いに行きそこでボッキの病気について知るのだった。

 

ボッキに会いに行った子どもたちは、声をかけるがボッキは
子どもたちを認識することができなかった。

 

自分たちのことを思い出してもらおうと、子供時代に言わされていた

 

「ママの言うことをよく聞く!」を皆で何度も唱え続けた。

 

するとボッキの記憶が蘇り…。


韓国ドラマ『ワンダフルラブ』最終回の口コミ

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、韓国ドラマ『ワンダフルラブ』の最終回のあらすじを紹介しました。

 

母親の金に依存しわがまま放題の子どもたちにはイラッとすることが

多かったですが、本当は心優しくいい子たちでしたね。
お金だけが全てではないと気付き、皆が立派に独り立ちできてよかったです!

 

ボッキとのラストのやりとりは、涙なしでは見れませんが

 

ハッピーエンドで良かったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です