カネの花感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

韓国ドラマ『カネの花』の感想は面白いのかつまらないのか、視聴率・口コミ評判による評価をご紹介していきます!

『カネの花』は、欲望にまみれた財閥一家を舞台に権力争い、そして愛と復讐を描いたラブサスペンスです。

「推奴」や「運命のように君を愛している」で人気のあるチャン・ヒョクとパク・セヨンの豪華共演で贈るスリリングな復讐劇になっています。

韓ドラおなじみの権力争い・出生の秘密から復讐のために愛する人を思う気持ちまでも犠牲にする切ないラブストーリーなど見どころ満載なドラマです。

それでは、韓国ドラマ『カネの花』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

韓国ドラマ『カネの花』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

あらすじの感想

途中から見始めて、終盤までみたという方もいらっしゃいます。

3,4話から見始めたとういう方もいらっしゃいました。

身内での後継者争いや、邪魔者や婚外子は消す、政治家とつながる等、韓国財閥ドラマの闇の部分を垣間見れるドラマかもしれません

出生の秘密や権力争いそこに巻き込まれた一人の男の復讐劇は、どんでん返しにまたどんでん返しで飽きることなくラストまでいい意味で緊張感を持って視聴できます。

 

 

 

キャストの感想

チャンヒョクさんのレビューが圧倒的に多かったですね。

ドラマの途中から見始めてファンになったという方も多いようです。

ドラマの中でチャンヒョクさんはセルフの少ない役を演じていますが

セリフの少ない代わりに、目で演技するといったような妙技を見ることができます。

また、それが一段とかっこいいので、ぜひ視聴されてください。

やはり主演のチャン・ヒョクの寡黙で瞳で語るような演技力を絶賛する口コミがとても多くありました!

ラブコメで見せる演技とはまた違うカリスマ溢れる姿は

とてもかっこいいですね。

 

 

少し残念なのは、チャンスンジュさんとパクセヨンさんがチャンヒョクさんと

同年代の設定であったことです

やっぱり年代差は気になりましたね

また、パク・セヨンやイ・ミスクなど他キャストの演技もとても素晴らしく迫力のある演技でドキドキしながら見てしまいました。

100日の朗君にも出演された、ハンソヒさんもでていましたね。

チャンヒョクの子役としてでていましたね!あ~、見たことあると思わず言ってしまいます。

面白い感想

役者の演技力と作りこまれた台本により、引き込まれるストーリーでとても面白いと思います。

モヒョンとのシーンでの切ない瞳には、思わず涙したほどです。

チャンヒョクさんにしてはめずらしくアクションシーンのないドラマでしたが、回に続く展開が面白く一気に見れるドラマでしょう!

欲にまみれた財閥たちのなかで静かに、讐に燃えるチャン・ヒョクの演技のバランスがよく、ドロドロ要素が絶妙なバランスでした。

逆転に逆転を重ねる展開の早いストーリーに引き込まれ一気に見たくなってしまいます。

 

 

 

面白くない感想

復讐劇なだけに内容が重すぎて、途中でリタイアしたという口コミも。

ドロドロサスペンスが苦手な方には、ちょっとしんどいでしょうか。

 

最終回の感想

結末については、賛否両論あるようですが、れない境遇のなかでも自分の道を見出してほっとするような最終回でした。

 

韓国ドラマ『カネの花』感想・評価まとめ

韓国ドラマ『カネの花』の視聴率や視聴者の面白い、面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

チャン・ヒョクをはじめとしたキャスト陣一人一人の演技力が光っていて、ドラマの世界観にグッと引き込まれました。

チャン・ヒョクは、今作で『2017 MBC演技大賞』最優秀演技賞も受賞しています。

ぜひ、チャン・ヒョクのファンの方に視聴してほしいですね。

まだ視聴されていない方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です