ここに来て抱きしめては面白くない?面白い?感想を口コミ評判でまとめてみた

ここに来て抱きしめては面白くない?面白い?感想を口コミ評判をご紹介していきます!

『ここに来て抱きしめて』は、サイコパスの連続殺人犯の父親をもつ警察官と

その殺人犯によって両親を殺された女優の

悲しい運命とロマンスを描いたロマンススリラーです。

 

真面目で成績優秀な中学生ナムは、転校生のナグォンと出会い

絆を深めていきますが、ナムに異常な愛情を抱く父ヒジェによって

ナグォンの両親は殺されてしまいます。

 

ナグォンにまで手をかけようとした父を

ナムが通報したことで逮捕されました。

 

それから10年後女優と警察官になった2人は

再会し、悲しい過去と深い傷をおいながらも

惹かれ合っていきます。

 

共にドラマ初主演の「ゴーバック夫婦」のチャン・ギヨンと

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のチン・ギジュが

辛い運命に翻弄されながらも想い合う主人公たちを演じました。

 

それでは、韓国ドラマ『ここに来て抱きしめて』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく!

ここに来て抱きしめては面白くない?面白い?感想を口コミ評判でまとめてみた!

面白くない感想

ドラマの序盤がいまいち面白くないとのコメントがありました。

話のテンポや展開が自身の感覚と会わず、見るのをあきらめた方もいるようです!

面白い感想

 

 

 

重いテーマで、サイコパスで異常すぎる父親に

ハラハラしながらも、主人公たちの美しく純粋な恋に

癒やされます。

 

 

あらすじの感想

 

 

被害者家族と加害者家族の恋という話はこれまでもありますが

初恋相手で深い絆で結ばれていた2人がおぞましい事件によって

被害者家族と加害者家族になってしまい、引き裂かれてしまうという

設定になっており、さらに複雑なストーリーになっています。

キャストの感想

 

 

 

主演のチャン・ギヨンやチン・ギジュを始め

2人の子ども時代を演じた子役の演技力も素晴らしく

サイコパスを父親にもち、自分もサイコパスなのではないかと

葛藤する繊細な心情を上手に表現していて、胸が苦しくなります。

 

なんといっても凄まじい存在感を出していたのが

狂気のサイコパスを演じたホ・ジュノです。

息子に対する歪んだ愛情や、邪魔をするものは徹底的に排除していく

姿が不気味でとても恐ろしい存在です。

 

 

『ここに来て抱きしめて』の視聴率は?

 

  • 平均視聴率:4.5%
  • 最低視聴率第19話:2.6%
  • 最高視聴率第12話・最終回:5.9%
  • 全32話
  • (ニールセンコリア)

同時期に大人気ドラマ「キム秘書はいったい、なぜ?」が放送されていたため

視聴率はあまり伸びませんでしたが、TV話題性指数(水木ドラマ部門)1位に

輝いています。

 

 

最終回の感想

最終回では、題名の「ここに来てだきしめて」にこめられた

意味が明かされて感動したという口コミがとても多くありました。

 

韓国ドラマ『ここに来て抱きしめて』感想・評価まとめ

 

韓国ドラマ『ここに来て抱きしめて』の視聴率や視聴者の面白い、

面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

今作でドラマ初主演だったチャン・ギヨンのかっこよさに

ハマる視聴者が多く、特に抜群のスタイルで着こなした

警察の制服姿にメロメロになる女性が続出したようです!

 

重いストーリーですが、美しく純粋な2人のロマンスと

スリラーのバランスがとてもいい”ロマンスリラー”作品で

普段スリラーやサスペンスを見ない方でも

ぜひ一度見て欲しい作品です。

 

まだ視聴されていない方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です