ただ愛する仲15話あらすじネタバレ!

この記事では、韓国ドラマ『ただ愛する仲』15話のあらすじネタバレついてご紹介していきます!

12年前の事故で奇跡的に救出され

生き残ったガンドゥとムンス。

愛しているから身を引く

そんな、彼らの甘く切ない

ラブストーリーに目が離せないドラマです。

今回ご紹介する第15話も、起伏にとんだ展開になっており、

最後の場面は、ハラハラドキドキです。

それでは、韓国ドラマ『ただ愛する仲15話のあらすじネタバレについて知りたい方はお見逃しなく!

第15話あらすじ

残された者たちの決断

崩壊事故の時、ムンスは幻聴の声が、初恋の相手ソンジェだったことを悟った。

ムンスはガンドゥの寝顔を見ながら、彼のつらい日々のことを思った。

翌日、ガンドゥは引き出しからソンジェのスマホが紛失していることに気づく。

再びソンジェの自宅を訪問するムンスとガンドゥ。

ガンドゥは、ソンジェの母親に、最後まで一緒にいたのは自分で

ムンスは、事故のあった場所にソンジェを呼びだしたのは自分だと母親に謝罪した。

うつむき加減になるムンスを引き止めるガンドゥ。

ガンドゥはムンスの職場を訪問し、彼を慰める。

ガンドゥは、ムンスにこれまで何度も力になってもらったことに感謝していると伝える

ガンドゥの決意

翌日、ジェヨンはガンドゥを病院に呼び、病院の検査を受けるように懇願する。

検査の結果、ガンドゥは肝不全でることが分かる。急ながら、寿命は数日だということを告げられる

ガンドゥは、事故現場から出てきた事故の瓦礫を集め、ムンスに追悼碑を作ることはなできないかと提案する。

ガンドゥは、ムンスに病気を打ち明けることを決意した。

ムンスの家の前まで行き、話を聞いてくれと声を大きく張り上げる。

ムンスが冗談で、「俺、今具合が悪いんだ。10数えたら倒れるぞ」言うが、

そのカウント途中で倒れてしまう。

 

ただ愛する仲ネタバレ15話の口コミ


 

ドラマ内の名セリフに、心を打たれたとこの口コミもあります

迫りくる最終回を惜しむ口コミも見受けられます

 

ただ愛する仲ネタバレ15話とあらすじネタバレまとめ

この記事では、韓国ドラマ『ただ愛する仲第15話』のあらすじについてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

今回の見どころはなんといってもガンドゥの病気が

発覚してしまうところでしょう

その告知を受けた瞬間ガンドゥの脳裏に浮かんだものとは?

事故現場にいたムンスの自責の念も、感じ取れる回でしたね

愛する人へ、気持ちを伝えることができるのか

気になる16話は無料動画でお楽しみ下さい

無料動画はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です