tiktok共有line順番の真相は?垢バレ・3番目が好きな人?消すことはできる?

この記事では、tiktok共有line順番の真相は?垢バレ・3番目が好きな人?消すことはできる?について紹介していきます。

 

TikTok(ティックトック)は、10代から20代の若者から支持を集めている国内ユーザー950万を超える、15秒から1分ほどの短い動画を作成や投稿できるショートムービープラットフォームのアプリです。

 

今回は、tiktokの機能に注目していきます。

 

tiktok共有line順番の真相は?垢バレ・3番目が好きな人?消すことはできる?について知りたい方は、お見逃しなく!

 tiktok共有lineとは?

tikokの共有機能とは、tiktokに投稿したものをLineに再投稿や動画のURLをメールに添付して送ることができることを言います。


tiktok共有line順番が噂に?口コミをご紹介!

 

それは???

驚き!

tiktok共有line順番が噂になっているのは、事実です。


tiktok共有lineのやり方は?

1.tiktokを開いてシェアしたい動画をタップ。

2.シェアアイコンをタップ。


参考元https://studyappli.com/entry/tiktok-howto-share-232

3.シェア先が表示されるのでシェアしたいアプリを選択します。


参考元https://studyappli.com/entry/tiktok-howto-share-232

 

4.ラインを選択します。


参考元https://studyappli.com/entry/tiktok-howto-share-232

 

これで共有された形になります。

受け取った側には、下記のような表示がされ、動画を共有できます。


参考元https://studyappli.com/entry/tiktok-howto-share-232

 

参考元https://studyappli.com/entry/tiktok-howto-share-232


tiktok共有line順番の真相は?垢バレ・アカウントがばれるって本当?

 

「Lineで友人とTiktokを共有すると友人には、隠しているアカウントがあったことが判明した。」という話がネットで発見しました。

 

共有したときにログインしていたTikTokのアカウントが隠していたアカウントからだったというのが理由です。

 

リンクから飛ぶと、その送ってきた側のアカウントが上に表示されてしまうという仕組みです。

 

なので、垢バレ・アカウントがばれるというのは、本当 です。

スポンサーリンク


tiktok共有lineとアカウントに関する口コミ

 

という話も。

気を付けましょう。


tiktok共有line順番の真相は?3番目が好きな人?の噂は本当?

tiktok共有line順番の真相は?3番目が好きな人?の噂があるのは、本当ですが、3番目の人が好きな人というのは、面白いですが、信憑性に欠けますね?!

 

第一好きな人がtiktokとLINE使ってないと意味不明です。


tiktok共有line順番の真相は?3番目が好きな人?に関する口コミ!

 

???

そんな使い方が?

 tiktok共有lineを消すことができる?

 

履歴を削除してブロックだそうです。

TiktokとLINEの共有を解除する方法として、

1.LINEアプリを起動します。

2.プロフィールアイコンをタップし【設定とプライバシー】を開きます。

3。【アカウント】⇒【アプリとセッション】⇒【Tik Tok】⇒【アクセス権を取り消す】をタップします。

があります。

ただし、バージョンによって異なる場合もありますので、ご了承ください。

 

参考元https://sumahosupportline.com/tiktok-account-delete/

 

困りますね。


tiktok共有lineができないときの対処方法は?

現在調査中です。

分かり次第記載していきます。

 


まとめ

tiktok共有line順番の真相は?垢バレ・3番目が好きな人?消すことはできる?について紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

tiktok共有からLineに飛んで表示された順番によって、好きな人が表示されるという噂は本当にありましたが、真相は定かではありません。

また、隠していたアカウントが表示されることもあります。

こういうことを踏まえて、ぜひ、tiktokを試してみて下さい!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です