この記事では、『チョスンウ』は歌が上手い?美しすぎる歌声をOSTの動画で検証!について紹介していきます。

 

2012年10月1日から2013年3月25日まで韓国MBCで放送されたドラマ『馬医』に出演したチョ・スンウさんは、主にミュージカル俳優として活躍、その歌声がとても話題になっています。

 

ドラマ『馬医』は、前作「トンイ」以前の李氏朝鮮の時代を舞台に、白丁から馬の獣医を経て、最終的に王の主治医にまで登り詰めた実在の人物である 白光炫(ペク・クァンヒョン)(1625年 – 1697年)の生涯を描いた作品です。

 

今回は、チョスンウさんの歌に注目していきます。

 

『チョスンウ』は歌が上手い?美しすぎる歌声をOSTの動画で検証!について知りたい方は、お見逃しなく!

スンウさんのキスシーン集めてみました>>

『チョスンウ』は歌が上手い?

チョソンウさんは、歌が上手なのでしょうか?

 

『チョスンウ』は歌手志望だった?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tvxqdbsk_jyj_suju_exoがシェアした投稿

チョスンウさんは、歌手志望だったのか見ていきます。

 

実は、チョスンウさんの父であるチョギョンスさんは、数々のヒット曲を出し、70年代には歌手王と呼ばれるほどの人気歌手でした。

 

しかし、70年代全盛期を享受した後、事業に失敗し、経済的危機に追い込まれ、それ以降、借金を繰り返し、どうにもならない状況に陥り、1982年逃げるように単独で渡米しています。

 

 

その時、娘ソヨンさんが6歳、息子スンウさんが3歳でした。

 

永住権取得し家族をアメリカに呼ぶ予定が、それまでに2年かかり、書類上必要だったため、現地で結婚をし、韓国にいる家族との間に溝が深まり、両親は離婚しています。

 

そんな生活を過ごし、チョソンウさんは、中学の時に姉が通っていた芸術学校のミュージカルを見て感銘を受け、後檀国大学演劇映画科に進み、芸能界入りしています。

 

父のチョギョンスさんは、18年後の2001年に帰国、成功した息子を見ても、自責の念が募り、会えず仕舞いだそうです。

 

この経緯から見て、ミュージカル俳優志望であり、歌手志望であったかどうかは定かではありません。


 

参考元https://kban.me/article/12941
参考元https://saeriho.com/jo-seungwoo/

 

『チョスンウ』の歌に関する口コミ?

相当な歌声のようです。

魅了されています。

 

美しすぎる声をOSTの動画で検証!

それでは、チョソンウさんの美しすぎる声を検証していきます。

 

ミュージカル『Hedwig and the Angry Inch 』1 ~曲名Wig in a box(箱の中のカツラ)~

参考元https://en.wikipedia.org/wiki/Cho_Seung-woo

 

太く、しっかりした歌声ですね。

切なさも伝わります。

歌詞の一節に、『贈り物のウィッグはまだ箱の中すばらしいベルベットの箱の』というものがあります。

このカツラを付けると別人のようになるようです。

 

参考元https://lyricstranslate.com/ja/wig-box-%E7%AE%B1%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%A4%E3%82%89.html

 

Hedwig and the Angry Inch名1のostに関する口コミ

良い歌ばかりなのですね。

 

ドラマジキルとハイド ~This is the Moment ~

この歌の題名は、『時が来た』という意味です。

苦しんできた気持ちと喜びとが交差する歌ですね。

心の叫びにも似ています。

 

ドラマ名2のostに関する口コミ

黄色い歓声!

 

ミュージカル『ラマンチャの男』 ~Impossible Dreams~

この歌の題名は、『見果てぬ夢』を意味しています。

迫力のある声で、ずしっと心にきますね。

悲哀を感じます。

 

 ラマンチャの男3のostに関する口コミ

大好評!

 

まとめ

『チョスンウ』は歌が上手い?美しすぎる歌声をOSTの動画で検証!について紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

チョスンウさんの歌声に魅了された方も多いと思います。

間違いなく素晴らしいミュージカル俳優ですね。

これからの活躍も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です