ホジュン~伝説の心医~41話のあらすじネタバレ!

この記事では、韓国ドラマ『ホジュン~伝説の心医~』41話のあらすじネタバレ!をご紹介していきます!

 

このドラマは、世界遺産となった医書「東医宝鑑」の編纂に命を賭けた

朝鮮王朝時代の名医ホ・ジュンの生涯をドラマチックに描いています。

1999年に放送され最高視聴率63.7%という大ヒットを記録した

『ホジュン~宮廷医官への道~』のリメイク版として

2013年にキム・ジュヒョク主演で放送されました。

 

41話は、ドジとホジュンの差が歴然となっていきます。

ホジュンの噂が広まり、患者たちが集まってくるのですが…。

 

韓国ドラマ『ホジュン~伝説の心医~』41話のあらすじネタバレを知りたい方はお見逃しなく!

韓国ドラマ『ホジュン~伝説の心医~』41話のあらすじネタバレ!

 

医師の器

 

ホジュンが患者を診察していたため、

 

科挙を受けられなかったことを知るウィテ。

 

そして、ドジが助けを求める村人を無視した医者の一人だったことを知り

 

彼に墨汁の墨をかけて、叱責する。

 

ホジュンより自分の何が劣っているのかと聞くドジに

 

不足だと知りながら、医術を教えた自分の過ちだと

 

内医院に行くのはやめろというウィテ。

 

納得のいかないドジは、オ氏とともに家を出ていってしまう。

 

決別

 

村ではホジュンのことが噂になり、称えるムードになっていた。

 

通りで餅を売るソン氏とダヒのところへ

 

ホジュンはサヌムの誇りだという男たちがやってくる。

 

2人が、ホジュンの家族だと知り渡ると、お餅はどんどん売れていった。

 

一方、ドジは父に言われたホジュンに負けたという言葉が

 

忘れられず悶々としていた。

 

ドジを称えていた人々は、今やホジュンの噂を口にしているのだ。

 

オ氏は、ドジとの引っ越しの準備をしていた。

 

ウィテに別れの挨拶に行ったドジだが、挨拶を受けてもらえず

 

お前はもう息子ではないとまで言われてしまう。

 

怒るオ氏を止め、もう二度と戻らないと言い、家をでるドジとオ氏。

集まる患者たち

 

家に戻ってきたホジュンを迎えるダヒと

 

彼を見て涙するソン氏。

 

それから、ホジュンの家には患者たちが次々と集まってきた。
ホジュンが留守の間にやってきて、戻るまで待っているから見てほしいと言う患者から

 

一刻の猶予もない脳卒中の患者まで多くの人々がやってきていた。

 

ダヒは、ヤンテの家にいたホジュンに早く戻って来てほしいと

 

呼び行くが、ウィテの居るサヌムでは患者を見ないというホジュン。

 

そこへ、県監が病気だから見てほしいと使いがやってくる。

 

また、ホジュンの家にも往診の支度をするようにと役人が来ていた。

 

それでもサヌムでは患者は見ないというホジュンを

 

県監になにかあれば、家族も無事ではないと脅す役人。

 

役所で、顔を合わせたホジュンとウィテ。

 

帰ろうとするホジュンに、ウィテは医者が患者を見ずに帰るのかと問いかける。


 


韓国ドラマ『ホジュン~伝説の心医~』41話の口コミ

 

 

 

まとめ

 

今回は、韓国ドラマ『ホジュン~伝説の心医~』の41話のあらすじネタバレ!を紹介しました。

 

医者として、患者を思う気持ちが欠落している息子と

決別してしまうウィテ。

親の心子知らず…とても切ないですね。

 

また、ホジュンも厳しい決断を迫られていました。

患者を見たいけれど、キリが無くなってしまいます。

ラストでホジュンがウィテと出会ったことで

状況がどう変化していくのか気になりますね!

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください