夏のハイドレンジアの意味は?花言葉は?歌詞から考察!ドラマの物語とリンクするの?

この記事では、夏のハイドレンジアの意味は?花言葉は?歌詞から考察!ドラマの物語とリンクするの?についてご紹介していきます。

2021年7月から始まる新ドラマ『彼女はキレイだった』。

その主題歌がSEXY ZONEの歌う『夏のハイドレンジア』に決まりました。

ハイドレンジアって何?

と思われた方も多いかもしれません。

そこで今回は、夏のハイドレンジアの意味は?花言葉は?歌詞から考察!ドラマの物語とリンクするの?についてご紹介していきますので、お見逃しなく!

夏のハイドレンジアの意味は?

夏のハイドレンジアの意味は、

夏の紫陽花

という意味です。

ヒロインを都会の雨の中でも凛と咲くアジサイの花(=ハイドレンジア)と仮定し、そのままのキミでいいんだよ、という意味が込められていようです。
参考:https://www.ktv.jp/kanokire/release_210609/

韓国版の『彼女はキレイだった』の主題歌も好きですが、今回の曲も注目を集めそうですね!

また、公式サイトの、各メンバーの曲に対するコメントによると

 

佐藤勝利 普遍的な花を憧れの存在として表現
中島健人 究極のラブソング
菊池風磨 すごく耳触りが心地よくて、やさしい感じの曲
松島聡 ストレートに想いを伝える歌詞が印象的

と言われており。

SexyZone史上、最高のバラードであることは間違いなさそうです。

さらに、秦 基博さんも、雨の中、季節を越えて懸命に咲く花のような「君」と、それを見つめる「僕」の想いを歌にしました。

と公式サイトで述べられていることから、これは韓国版と肩を並べる人気がでるものと考えます。

そもそも紫陽花とは?

アジサイは梅雨から夏にかけて、美しい花を咲かせます。 最も開花が早いヤマアジサイから始まって、 ガクアジサイ、ノリウツギ、タマアジサイと次々と花を咲かせていきます。

花言葉は

アジサイの全般の花言葉には、「移り気」や「冷酷」といった意味があります。

また、アジサイの花言葉はほかにも「団らん」、「和気あいあい」、「家族」、「変節」、「浮気」

花の色によって花言葉も違う!

青色のアジサイには、「冷淡」「無情」「あなたは美しいが冷淡だ「高慢」という花言葉があります。

紫色のアジサイには、「辛抱強い愛情」「清澄」「神秘」という花言葉がつけられています。

白色のアジサイの花言葉は「寛容」「ひたむきな愛情」です。

緑色のアジサイの花言葉は「ひたむきな愛」です。

引用:
https://greensnap.jp/article/7590#:~:text=%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%81%AE%E5%85%A8%E8%88%AC%E3%81%AE%E8%8A%B1,%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

引用:https://www.ktv.jp/kanokire/release_210609/

真っ直ぐで、等身大のラブソングになっていると思います。

歌詞から考察!ドラマの物語とリンクするの?

現在作成中です。しばらくお待ちください。

まとめ

今回は、夏のハイドレンジアの意味は?花言葉は?歌詞から考察!ドラマの物語とリンクするの?についてご紹介してきました。

今回の記事をまとめると以下のようになります。

 

・夏のハイドレンジア意味は『夏の紫陽花』です
・花言葉は「移り気」や「冷酷」です。

7月から始まる新ドラマ『彼女は綺麗だった』!韓国版ですでに見られた方もそうでないかたも、最高のバラードとともにぜひご覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です