伝説の魔女の34話のあらすじネタバレ!

伝説の魔女 動画 34話

韓国ドラマ『伝説の魔女』第34話のあらすじネタバレ!をご紹介していきます!

 

『伝説の魔女』は、初回から14.5%で出発した後、痛快な復讐劇と女優キム・スミのコミカルな演技などが話題を呼び、30%を超える高視聴率を記録!!

 

2015MBC演技大賞 3冠受賞!

 

それぞれ傷を抱いた4人の女性、ムン・スイン(ハン・ジヘ)、シム・ボクニョ(コ・ドゥシム)、ソン・プングム(オ・ヒョンギョン)、ソ・ミオ(ハ・ヨンス)が刑務所で学んだ製パン技術で世の中への痛快の反撃を狙うストーリーを描いた作品です。

 

逸話満載でテンポ良い展開に引き込まれてラストまであっと言う間!!

 

明確な悪人がいて、健気なヒロインが復讐を誓うと言う設定でとてもシンプル!!

 

それでは!韓国ドラマ『伝説の魔女』第34話ののあらすじネタバレ!を知りたい方はお見逃しなく!!

韓国ドラマ『伝説の魔女』前回の動画日本語字幕第33話のあらすじ・ネタバレ

 

第34話のあらすじネタバレの前に、前話のおさらいです。

 

それぞれの2年

 

ドヒョンが生きていたことを知ったスイン。

 

スインは神様に感謝しつつも、恋人ウソクの気持ちを思って途方に暮れます。

 

そうですよね、スインはどうしてよいのか自分でも分からないはず。

 

出生

 

ドジンはテサンが自分の実父ではないことを知ります。

 

更に、母親エンナンが父親テサンに復讐しようとしていることまでも。

 

これまでドジンも自由奔放わがままボンボンだと思って見てきましたが、さすがにこの一家の人間であること自体が気の毒に思えてきました。

 

代理出席

 

プングムはウォランからの依頼で、彼の妻を装って妹の結婚式に出席します。

 

この2年間、スインのために命を永らえてきたドヒョンは、スインの変化を敏感に感じ取っていました。

 

そんな中、スインが忘れていった携帯を見たドヒョン。

 

と言う、スインにとってもドヒョンにとっても、ドジンにも辛い現実を突き付けられました。

 

それぞれが衝撃と困惑をし、もうどうしてよいのやら状態ですね。

 

ドラマとしては韓国ドラマ特有の設定ですが、内容がとても濃く見応えのある回でした。

 

ここからは、ドヒョンが生きたいたと言うことで、スインの心境が気になりますね。

>>今すぐ無料視聴する

韓国ドラマ『伝説の魔女』動画日本語字幕第34話のあらすじ・ネタバレ

 

悲しい三角関係

 

ついに対面することになったウソクと夫ドヒョン。

 

ドヒョンはスインがテサンの陰謀で刑務所に入れられたことをウソクから聞き、治療を拒んでヤケになってしまいます。

 

そりゃそうですよね、自分の父親が嫁にそんなひどい仕打ちをしていたのなれば、やけも起こしたくなります。

 

一方ウソクは再度病院へ行こうとするスインを引き留めようとします。

 

その頃プングムはウォランの妹の結婚式に参席し、ウォランとひと晩を過ごすはめになります。

 

スインは偶然出くわしたエンナンに、ドヒョンがいたらウソクと会うこともなかったとなじります。

 

それを聞いてしまったウソクはショックを受けます。

 

第34話はドヒョンにも、ウソクにも、スインにとってもつらい展開となりました。

 

スインはどちらの男性を選ぶのか、ウソクが身を引くのか、そしてマ家がどうなっていくのかが気になります。

 

元々は36話の構成でしたが、4話追加されました。

 

ここからはクライマックスに突入ですね!!

>>無料動画で視聴する

 

韓国ドラマ『伝説の魔女』34話の口コミ!

https://twitter.com/Ms1229love/status/914247114846199808

 

ドロドロ三角関係の展開に突入。

 

復活した男性はマ家の人間だからか自分を出して来ますね。

 

これは、もう御家柄。怒

 

 

 

 

>>無料動画で視聴する

韓国ドラマ『伝説の魔女』第34話あらすじネタバレ!まとめ

 

韓国ドラマ『伝説の魔女』第34話のあらすじネタバレをご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

陰謀でどん底に突き落とされたスイン。

 

本作は、刑務所で出会った4人の女性が助け合いながら再起していくサクセスストーリーです。

 

ご紹介した通り、第34話からはいよいよクライマックス突入。

益々みごたえのある展開が繰り広げられていますよ。

>>無料動画で視聴する

 

伝説の魔女 動画 34話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です