伝説の魔女11話のあらすじネタバレ!

伝説の魔女 動画 11話

韓国ドラマ『伝説の魔女』第11話のあらすじネタバレをご紹介していきます!

 

『伝説の魔女』は、初回から14.5%で出発し、中盤以降に20~30%台の高視聴率を記録して大きな人気を博し、最終回第40話の視聴率は30.1%を記録したメガヒットドラマです。

 

視聴者の目と耳を魅了したMBC週末ドラマ『百年の遺産』のチュ・ソンウプロデューサーとク・ヒョンスク脚本家が再び意気投合し、放送前から話題を集めていた作品です。

 

『伝説の魔女』は、殺人、株価操作、詐欺、殺人未遂などの様々な罪で韓国の女子刑務所2階10番部屋に収監された4人の受刑者の物語で、刑務所で習った製パン技術でパン屋を設立し、財閥企業である製菓会社と競争する内容が盛り込まれています。

 

野望に満ちて身分まで隠し、成功して生きている女性と彼女が捨てた娘が再会してから繰り広げられる話を描いたまさにサクセスストーリー!

 

それでは!韓国ドラマ『伝説の魔女』第11話のあらすじネタバレを知りたい方はお見逃しなく!!

韓国ドラマ『伝説の魔女』前回の第10話のあらすじ・ネタバレ

 

第11話のあらすじネタバレの前に、前話のおさらいです。

 

ミオの子供

 

エンランは施設にボランティアに来てみると、そこにはミオの姿があるのを見つけます。

 

施設に入った子供をどうしても見たくて、会いに来ていたのです。

 

子供に会う資格は無いと言い放ち、マ家で引き取ることもできるんだと脅しにかかります。

 

ミオは、自分が産んだ子供なのに、会うこともできないことにショックを受けています。

 

エンランはミオにお金を渡し解決を図ろうとします。

 

部屋を出たスイン

 

スインはキム社長の行動が、どこかで信じる事が出来なくなり、部屋を変えた方がいいと考え、自分で部屋を見つけキム社長に伝えました。

 

自分が気に入ったから、部屋まで用意したんだと怒りますが、スインは出て行きます。

 

スインに一目惚れをしていたキム社長も、簡単には諦めることが出来ません。

 

揉み合いになった時に、スインがまな板で喧嘩になってしまい怪我をしてしまいます。

 

警察に連絡をいれて、この人は財布を盗もうとしたんだと嘘を言い始めます。

 

と、スインにとっては慌ただしい日々が続いているようです。

 

それにしてもエンランの勝手な振る舞いには怒りを覚えます。

>>今すぐ無料視聴する

韓国ドラマ『伝説の魔女』第11話のあらすじ・ネタバレ

 

連行されたスイン

 

ウソクはスインが警察に連行されたと聞き迎えにきます。

 

事情を聞かれたスインは『付きまとわれて盗人扱いされている』と話し、警察に『もう一度調べて欲しい』と依頼しますが、些細な事件で警察は示談にすればと相手にしてもらえません。

 

テサンは『ウソクの能力をこのまま眠らせておくのは惜しい、経営の能力が長けているのに、どうしてパン屋なんだ。自分の会社を任せることができたら、何も心配が無いのに』と考ていました。

 

ウソクは今回の騒ぎを示談にしないかと、キム社長に会いに行きます。

 

ところが、非常識なキム社長はとんでもない金額を要求してきました。

 

話を聞いたボクニョも金銭的な援助をしようとしますが足りません。

 

話を聞いたおプングムも怒りから『そんな男は黙らせる』と言います。

 

スングムの無実

 

そこでまずは、本当にスインが盗んだのかを確かめようとして防犯カメラの映像を確認することに。

 

映像を入手したプングムは、『嘘を言っているので警察に行く』と脅し始めます。

 

テサンの次男ドジンのお見合い

 

ドジンとお見合いをしたボギョンは結婚を急ぎます。

 

さすがにドジンも『まだ早すぎる』と話すが、ボギョンは『きっといい夫婦になれる』と言いだします。

 

非現実的な設定ですが、それを本作は違和感を感じさせることなく、楽しませてくれます。

 

また、社会人になってからも仲間のために粉骨砕身必至になる姿には心を打たれます。

>>無料動画で視聴する

韓国ドラマ『伝説の魔女』第11話の見どころ

 

今となっては笑い話のようですが、ドラマの制作発表でヒロインのハン・ジヘは、『視聴率は他の作品とは比較しても仕方がない』と言い放ちつつも、本作へ没頭していたようです。

 

『今まで演じたことのない新しいキャラクターを演じることになり、新しい心境。現場で“がんばろう”という気持ちで演じている。先輩たちにたくさん怒られ、腰を低くして一生懸命に撮影をしている。新しいものに挑戦するという気持ちで撮影に臨んでいる』と覚悟を明かしていました。

 

彼女は『ドラマの設定が前半から強烈だ。夫が死ぬ設定であるため感情の消耗が大きかった。涙が偽物に見えないようにするため、何も食べずに、メイクもほとんどしなかった。そうすると、鼻血が出た』などと苦労を吐露しました。

 

視聴率などは気にしないと語っていたものの、スタートから14%台で最終回では31%超えを達成するなど、ハン・ジヘのこれらの演技力が視聴率を大きく牽引したことは間違いなさそうです。

 

引用:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2006375

 

韓国ドラマ『伝説の魔女』第11話の口コミ

 

人とのつながりを感じる作品です。

 

一方、どうもマ家の欲にまみれた人間たちがなんとか痛い目にあって欲しいとも思ってしまいますね。

 

非現実的な設定でどうだろうと思った視聴者も多かったと思いますが、長編がこんなにも好評を得ているのは、やはり作品に共感を得られるからではないでしょうか。

 

 

 

 

>>無料動画で視聴する

韓国ドラマ『伝説の魔女』第11話まとめ

 

韓国ドラマ『伝説の魔女』第11話のあらすじネタバレをご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

『伝説の魔女』は、それぞれ悔しく辛い事情を持ち、刑務所に収監された4人の女が“公共の敵”の神話グループを相手に愉快・爽快・痛快な“伝説”に乗り出すドラマです。

 

最初の魔女であるムン・スイン役にはハン・ジヘ。

 

ハン・ジヘと呼吸を合わせる男性主人公ナム・ウソク役には、ハ・ソクジンが電撃キャスティング。

 

2番目の魔女のシム・ボクニョ役には様々な分野でキャラクターの内面の固い芯の部分を深みある演技で披露しているコ・ドゥシム。

 

3番目の魔女ソン・プングム役は様々な魅力を見せてきた女優オ・ヒョンギョン。

 

末っ子魔女ソ・ミオはシットコムなどで視聴者たちに強い印象を残したハ・ヨンス。

 

個性豊かな面々に、『百年の遺産』で呼吸を合わせたク・ヒョンスク脚本家とチュ・ソンウプロデューサーが再び意気投合した作品ですよ。

 

まだ視聴されていない方には、オススメの作品です。

>>無料動画で視聴する

 

伝説の魔女 動画 11話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です