同居人は名探偵の口コミ・評価・感想は?面白い?

この記事では、中国ドラマ『同居人は名探偵』の口コミ・評価・感想は?面白い?について紹介していきます。

 

中国ドラマ『同居人は名探偵』は、天才探偵とヤクザの右腕警察官がタッグを組んで繰り広げる、ブロマンスミステリーです。

 

お金に目がない天才探偵の路垚(ルーヤオ)役を演じるのは、ドラマ「Go!Go!シンデレラは片想い」、ドラマ「ツンデレ王子のシンデレラ」に出演したフー・イーティエンさん、ヤクザの右腕警察官である喬楚生(チアオチューション)役を演じるのは、ドラマ「私のキライな翻訳官」、ドラマ「夢幻の桃花~三生三世枕上書~」に出演したチャン・ユンロンさんです。

 

新聞記者でヤクザの娘の白幼寧(バイヨウニン)役を演じるのは、ドラマ「招揺」に出演したシアオ・イェンさん、 白老大役には、张会中さんが名を連ねます。

 

さらに、脇を固めるイケメン男優たちからも目が離せません。

 

今回は、中国ドラマ『同居人は名探偵』の感想などに注目していきます。

 

同居人は名探偵中国ドラマ評価・感想は?面白い?面白くない?口コミをまとめてみた!について知りたい方は、お見逃しなく!

同居人は名探偵の口コミ・評価・感想は?面白い?面白くない?

同居人は名探偵の口コミ・評価・感想は?面白い?のか見ていきます。

あらすじの感想

民国時代、925年の上海租界、イギリス留学から帰国した路垚(ルーヤオ)は、サスーン銀行で株取引のマネージャーとして働いていたところ、ある日の朝、身に覚えのない殺人事件の容疑者として警察に捕まり、巡査部長・喬楚生(チアオチューション)の取り調べを受けることになるのです。

 

その取調に居合わせた白幼寧(バイヨウニン)が女性記者であることを見抜いた路垚の圧倒的な知識と観察眼、推理力を目の当たりにして喬楚生は、興味を持ち、犯人ではないと知りながらも難航していた捜査に彼を利用しようと考えるのです。

 

そして、喬楚生は、路垚に無実を証明するため捜査協力をするよう提案し、共に捜査し事件を無事解決へと導くのです。

 

けれども、路垚は、白幼寧の記事により銀行の名を汚したとしてクビになってしまいます。

 

路垚の能力を買った喬楚生は、そんな彼に手を組もうと持ち掛け、一度は興味がないと断るのですが、家賃を滞納する羽目になり報酬金に釣られて本格的に捜査協力をすることになり、様々な事件を解決していきます。

 

とにかく次の展開が気になって仕方がないドラマだと思います。

 

 

だそうです。

楽しみ!

上海語の勉強にも!

 

面白いの感想?

 

ズバリ一言!

大好評!

キャストの感想?

 

物語にぴったりの配役のようです。

 

フー・イーティエンさん人気!

 

スタッフの皆さんの技術も光っています。

面白くないの感想は?

面白くないという辛口のコメントは見当たりませんでした!

 

ハラハラドキドキ!胸キュン!

とにかく、ハマルようです。

中国ドラマ「同居人は名探偵」は、全36話の中編作品ですが、

毎回楽しみに見られるドラマのようです。

 

中国ドラマ『同居人は名探偵』感想・評価まとめ

中国ドラマ『同居人は名探偵』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

銀行にクビになった路垚は、女性記者の白幼寧と突然の同居!

二人の掛け合いに萌えること間違いなし!

ブロマンス未遂あり…事件解決あり…探偵もの

どっぷりハマります!!!

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です