宮廷の茗薇<めいび>の口コミ・評価・感想は?面白い?を紹介!

この記事では、中国ドラマ『宮廷の茗薇<めいび>』は、の口コミ・評価・感想は?面白い?について紹介していきます。

 

 

中国ドラマ『宮廷の茗薇<めいび>』は、故宮好きな歴女の部屋に突然現れた300年前の皇子の時空を超えて出会った二人のラブロマンス・ファンタジー時代劇です。

 

 

故宮を愛する見習い設計士、徐薔薇(じょしょうび)役を演じるのは、ドラマ「愛される花」に出演したリー・ランディさん、300年前の十三皇子、胤祥(いんしょう)役を演じるのは、ドラマ「閃光少女」に出演したワン・アンユーさんです。

 

その他、四皇子の胤禛(いんしん)役を演じるのは、ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」に出演したディン・チャオさん、清朝名門貴族令嬢で茗薇の異母姉妹、茗蕙(めいけい)役には、スン・アンコーさんが名を連ねます。

 

さらに、脇を固めるイケメン男優たちからも目が離せません。

 

今回は、中国ドラマ『宮廷の茗薇<めいび>』の感想などに注目していきます。

 

宮廷の茗薇<めいび>の口コミ・評価・感想は?面白い?について知りたい方は、お見逃しなく!

宮廷の茗薇<めいび>の口コミ・評価・感想は?面白い?面白くない?

宮廷の茗薇<めいび>の口コミ・評価・感想は?面白い?のか見ていきます。

あらすじの感想

徐薔薇(じょ・しょうび)は北京で働く見習い設計士。

 

小薇(しょうび)という愛称で呼ばれる彼女は、故宮(紫禁城)に魅了され、仕事をしながら皇帝が生きていた時代に思いを馳せていたのです。

 

ある日、彼女は、紫禁城内の資料室で迷い、灯りのともった部屋にいた謎の老婦人に古い灯籠を渡され、無事に家路につくことに。

 

雨が激しさを増したその晩、徹夜で作業する小薇の部屋に突然、弁髪姿の青年が現れます。

 

疲れ切って幻覚デモ見たのかと自分に言い聞かせ、仕上げた企画案が翌日、社長の目にとまります。

それからというもの、自然と灯籠が灯るたびにその青年が現れ、いつのまにか会話までしている自分に気づきます。

 

一方、康熙帝の時代では、十三皇子の胤祥が不思議な夢に悩まされていました。

 

そして、そこで現れる小薇が気になるようになり、そんなある日、胤祥は小薇によく似た女性を街で見かけて…

 

とにかく次の展開が気になって仕方がないドラマだと思います。

 

期待大!

評価は?

中国ドラマ『宮廷の茗薇<めいび>』の評価としては、星4つという声がありました!

 

ストーリー展開にも大満足!

 

面白いの感想?

 

じわじわきているようです。

好評!

一気見でも疲れ知らず?!

 

キャストの感想?

 

髪型に左右されないイケメン!

 

ワンさん人気!

ワンさんにまたまた1票!

圧倒的な人気を誇っていますね。

 

素敵なカップルのようですね。

 

面白くないの感想は?

面白くないという感想は見当たりませんでした。

 

ドキドキ!胸キュン!

とにかく、ハマルようです。

中国ドラマ「宮廷の茗薇<めいび>」は、全40話の中編作品ですが、

毎回楽しみに見られるドラマのようです。

 

中国ドラマ『宮廷の茗薇<めいび>』感想・評価まとめ

中国ドラマ『宮廷の茗薇<めいび>』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました

いかがだったでしょうか。

不思議な光!灯籠!で十三皇子と出会った小薇は、

すでにお互いが惹かれあい…。

触ることもできない二人の掛け合いに

萌えること間違いなし!

女子には、たまらない!

タイムスリップあり、ロマンスあり…

どっぷりハマります!!!

面白いです??涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、

最後まで飽きずに見られて、とても楽しめます。

 


こちらの情報もcheck!

  • 同居人は名探偵の口コミ・評価・感想は?面白い? この記事では、中国ドラマ『同居人は名探偵』の口コミ・評価・感想は?面白い?について紹介していきます。   中国ドラマ『同居人は名探偵』は、天才探偵とヤクザの右腕警察官がタッグを組んで繰り広げる、ブロマンスミステリーです。   お金に目がない天才探偵の路垚(ルーヤオ)役を演じるのは、ドラマ「Go!Go!シンデレラは片想い」、ドラマ「ツ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です